前へ
次へ

妊婦の腰痛の原因と対策

妊娠中の女性が腰痛に悩まされるのは、やはり体型の変化にあるということは否定することができない事実です。お腹が大きくなるにつれて状態が反ってしまうことから、腰に負担がかかるようになってしまうのです。お腹が大きいのでそれを支えるためにも上体が反ってしまうことから、腰の部分に余計な負荷がかかるようになってしまいます。また、出産に備えてホルモンの分泌が盛んに行われることから、腰痛が発生します。それというのも、出産に備えた体を作るために、ホルモンの作用によって骨盤の靭帯が弛緩するようになることから腰の痛みが発生しやすくなると言われています。妊婦の腰痛対策でできることは、できるだけ正しい姿勢を維持することです。お腹が大きいのでどうしても上体が沿ってしまいがちになりますが、できれば意識をして正しい姿勢を保つように心がけます。そうすることで腰に掛かる負担を軽減することができるので、腰痛を予防することにつながるからです。

Page Top