前へ
次へ

ゴルフの腰痛対策は正しい体の回転をすること

正しくスイングをすることで辛い腰痛で悩むことはほとんどありませんが、ゴルフを楽しむ人の中には腰の痛みで悩みを抱えることは多いです。楽しみながらゴルフというスポーツを行いたいのに、腰痛になって悩んでしまう人の場合、過剰な負担が腰にかかっているのが理由と言えます。体が正しく回転をしていないためであり、体がダウンスイングを行った際に、止まってしまったり、逆に伸び上がったりするのがいけません。ダウンスイングの時が最も腰に過度の負担をかけがちなシーンであり、人間の身体は伸び上がり過ぎると、体の上をうまく回転させることができません。腕はすでに手に持っているクラブと共に、思い切り素振りしている状態です。下半身は止まったほうが良いと判断しますが、腕はすでに回転を始めているのでとめることができず、上半身と下半身の動きの差に衝撃が腰に大きくかかってしまいます。大切な腰に大きい負担をかけないためにも、スイングの際には自然に体が回転をするように心がけることです。

Page Top