前へ
次へ

腰痛は内臓から来ることも

腰が痛くなり、動くことも出来なくなった経験を持つ人も多いと思われます。腰の痛みにはいろいろな原因が考えられますが、短期的に治るものから長期に渡り入院・手術を行うなどの幅広い対応が必要と考えられます。腰痛の原因としては、腰椎から起こるものや内臓が原因と言う場合が一般的に言われています。多くの場合は腰椎が関係する痛みですが、内臓から来るとは想像もしない人が多いと思われます。そのため内臓が病気で腰が痛くなっても、整体に通うなどをしてしまい、通っても良くならないと言う人も出て来ています。胃腸や膵臓、肝臓や腎臓と言った臓器から起こるものや、腹部大動脈瘤と言った血管の病気からも、腰痛になることがあります。腰痛で病院へ通う決めた時、整形外科へ行くことが多くなりますが、内臓が原因の時には病気を発見出来ない場合も出て来ます。時間が経っても症状が良くならない時には、総合病院などへ足を向けることが腰痛解消になると思われます。

Page Top